一戸建て?マンション?マイホームにするならどっち?

自身のライフスタイルにあった住宅を選ぼう

マイホーム購入を考える人の多くが直面することが、一戸建てとマンションのどちらがベストなのかという問題です。いずれも一長一短ありますから、特徴を十分に理解して自身のライフスタイルにあった方を選びましょう。
一戸建ての方が良いライフスタイルのケースは、すでに結婚しており小さな子供がいること。現在はまだ子供が居ないものの、近いうちにできる可能性があること。将来的に親との同居も考慮に入れていることなどを挙げられます。
マンションの方が良いケースは、単身者であること。共働きで将来子供を作るつもりがないこと。子供は居るものの、末の子供でも高校生くらいの年頃であることなどです。
以上は目安でしかありませんが、たとえば共働き世帯が、郊外の一戸建てを購入しても持てあます可能性が高くなります。自身のライフスタイルに合った住宅を選んだ方が、失敗リスクが少なくなることは確かです。

マンションには無い一戸建て住宅の魅力と注意点

自身のライフスタイルに合った住宅を選んだ方がベストではあるものの、やはり誰もがあこがれるのが一戸建てではないでしょうか。マンションにはない一戸建て住宅の魅力は、なんといっても土地と建物がまるごと全て自分自身の所有物になることです。
リフォームや増改築が自由なことも一戸建てならではの魅力。土地や建物の権利を共有するマンションで増築を行うことは事実上困難です。この他にも、庭を持てることやペットを自由に飼えること、面倒な管理組合での活動と無縁なことも魅力として挙げられます。
ただし、駅から徒歩10分以内といった好立地の一戸建てを手に入れることは、マンションに比べると遥かに困難です。マンションのように修繕積み立て金を強制徴収されることはありませんが、自分自身で修繕費を計画的に貯めておかなければ突然の出費に対応できない恐れがあります。
一戸建ては一国一城の主になれるという魅力がありますが、以上のことには注意しておきましょう。

建売住宅のメリットは、気に入ったらすぐに購入して住めることです。手抜き住宅かどうかもチェックできるため、安全性にも優れています。