夢のマイホーム!注文住宅ってどんなもの?

一戸建て派?マンション派?

そろそろ家を購入したいと思った時、まず、一戸建てかマンションか悩みますよね。マンションの場合、ローンを完済したとしも毎月の共益費や駐車場代を払っていると、自分の家であっても部分的に他人のものを借りているような感覚があると言う人もいます。しかし一戸建ての場合、土地も建物も全て自分の物になり、思い通りにリフォームや建て替えが出来ることが魅力です。また、隣の住民の生活音が気になるなんて心配もあまりありませんし、深夜にドアをそろそろと開けて帰宅という気遣いもせずに済むでしょう。駐車場代を別に払う必要も無く、広い土地があれば家庭菜園やバーベキューも楽しむことが出来ます。こちらも、別に費用を払って市民農園やアウトドア施設を利用をすることを考えると、大変な節約になります。
また、やむなく自宅を手放す事態が起こった時にも、住居自体の価格は老朽化に伴い毎年下がるのが普通ですが、土地の価格は時期が良ければ購入時よりも上がっている可能性もあります。それに比べてマンションが値上がりすることはあまりなく、資産価値の下げ幅が大きいと言えるでしょう。資産として考える時にも、一戸建てにはメリットがあるということです。

どうせなら自分のスタイルにこだわった注文住宅を

建売住宅と注文住宅というものがありますが、それぞれどのような特徴があるかご存知ですか?
建売住宅は土地と建物がセットで販売され、購入の時点ですでに建築済みのものや、プランがすでに決まっていて壁紙などの変更は自由に出来るという場合もあります。納期という点では、建売住宅の場合にはあらかじめ材料、間取りなどが決まっているものなので、建築日数が短くて済みます。
一方、注文住宅は全てを一から自分の好みに作り上げることが出来るので、その点での自由度に違いがあります。また、建物にかける費用を自分の予算に合わせて変更することが出来るのも、魅力の一つです。
業者の選定に関しては、自分のイメージを伝える必要があるので、意思疎通がスムーズに出来る業者を慎重に選ぶ必要がありますし、写真や既存の建物を見るなどしてイメージを固める時間もかかるでしょう。
注文住宅にはこだわりや高級というイメージがありますが、予算面でも融通が利きますし何より自分の好みの家を建てることができ、中古物件として手放す際にはプラスの印象もあります。将来的にお得感がある選択かもしれません。

新築一戸建て特有の利点は、税制優遇を受けられることです。たとえば固定資産税は3年間半額になり、不動産取得税は1200万円まで控除されます。